• ホーム
  • ノベロンは通販を活用すれば手軽に入手できる

ノベロンは通販を活用すれば手軽に入手できる

微笑む女性

ノベロンは2005年に日本国内での厚生労働省の承認を受けているので、産婦人科やレディースクリニックなどの医療機関を受診して処方箋を出してもらうことで、入手することが出来ます。しかし避妊目的は医療上の必要性に迫られたものではないので、公的保険の適用を受けることはできず全額自己負担になります。そのため実際に必要な費用は病院ごとに異なります。1シートのノベロンを処方してもらう場合には、薬の本体の代金のほかに初診料や診察料なども加算されることになるので、3000円から6000円程度の出費が必要になります。処方するために必要な検査も、問診表に応えて血圧検査程度の施設から、血圧検査が必要であったり事前に1月分の基礎体温の記録提出を求められたりと、病院によってまちまちです。しかしながら処方箋を入手するために、医療機関を受診するには時間を見つける必要があります。保険外診療なので終末なども、開業するクリニックなどもありますが、実際に産婦人科やレディースクリニックなどの医療機関で、ノベロンを入手するのはまだまだ敷居が高いイメージは拭えません。

そこで日ごろ時間を見つけるのが難しい方でも、気軽にノベロンを入手する方法として、個人輸入代行の通販サイトを利用するのがおすすめです。個人輸入通販サイトは、海外で販売されている各種の治療薬も処方箋を用意する手間をかけることもなく、入手できるのがポイント。海外では高い治療効果が認められ医療現場で実績をあげている医薬品が数多く存在しています。なかには日本国内で利用開始が可能になるのが数年後というパターンがも珍しくありません。これはドラッグ・ラグという問題です。しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば、一般的な通販と同じ感覚で希望の治療薬を入手することが叶います。

また低容量ピルのように継続的に服用する薬は、中長期的にコストを控えることが大きな課題を突きつけます。コストを抑える手段には、ジェネリック医薬品を活用するというものがあります。ジェネリック医薬品は、先発薬の特許期間がきれたものを後発薬専門の製薬メーカーが生産販売する治療薬になります。先発薬のように膨大な研究開発費用を必要としないので、先発薬に比較すると低廉に抑えることができます。この点ノベロンは先発薬マーベロンのジェネリック医薬品になるので、安い価格で入手することが可能です。

しかも個人輸入代行の通販サイトでは、まとめ買いなどを行うと割引サービスなどが提供される場合があります。とりわけ低容量ピルのような服用スケジュールを順守することが必要な医薬品の場合は、まとめ買いが必要不可欠になります。仮に1月分1シートずつを医療機関で処方してもらうと、毎月定期的に通院する必要に迫られます。個人輸入代行の通販サイトで、まとめて購入しておけば必要なときに手元にノベロンがない、といった状況を回避することができます。