• ホーム
  • おすすめの低用量ピルを教えます

おすすめの低用量ピルを教えます

笑顔の女性

ピルは実用化された当初は中容量タイプのものが主流で、比較的身体への負担が大きい特徴を持っていましたこの場面で容量は配合されているエストロゲン(卵胞ホルモン)のことをさしています。中容量以上の配合率のピルでは、副作用が強いこともあって病気治療目的などの場合は別ですが、日常的に避妊目的で服用するには二の足を踏む方も多かったわけです。そこで現在ではエストロゲンの配合量がさらに抑制されている低容量ピルが主流になっているのです。さらにエストロゲンの配合量を抑えた超低容量ピルなども登場するに至っています。そこで現在主流になっている低容量ピルの代表といえる、おすすめのピルのうち、トリキュラー・マーベロン・ヤーズ含めて御紹介します。

日本国内では利用人口が一番多いとされているのが、トリキュラーになります。トリキュラーは製薬会社大手のバイエル薬品から販売されている低容量ピルで、3相性タイプを採用しているのが特徴です。トリキュラーには黄体ホルモンにレボノルゲストルを配合しています。黄体ホルモンは受精卵が着床し胎盤を維持し胎児を成長させるために、排卵日以降に分泌量が増加する機能を有します。抗体ホルモンは胎児の健康な成長のために必要不可欠ですが、同時に皮脂の分泌を盛んにするなどの作用も有しています。そのため常に高い血中濃度では男性ホルモン様に作用し、ニキビなどが発生する可能性がありました。トリキュラーはこの点を改善しています。3相性になっているので黄体ホルモンの量を自然な配合に近づけることが可能になり、副作用も少なく快適な日常生活を送りながら高い避妊効果を実現することが実現します。

マーベロンは、トリキュラーよりもさらにエストロゲン濃度を低く調整した超低容量ピルになります。男性ホルモン様作用を抑制する作用に優れており、避妊薬としての効果と同時に大人ニキビなどの治療にも効果を期待できるのが特徴です。超低容量ピルのため、身体への負担が少ないとされていますが、副作用のむくみ症状が出現しやすい傾向があると指摘されています。

ヤーズはマーベロンよりもさらに女性ホルモン配合量が控えめになっている、超低容量ピルになります。国内で初めて月経困難症の治療薬に認可されているので、月経困難症治療のために病院で処方される場合は公的保険の適用対象になります。避妊効果についてもトリキュラーやマーベロンなどと同等の効果を持っています。女性ホルモンの配合量が最も低いレベルの配合なので、副作用が少ないとされてはいるものの血栓症の報告例があります。

トリキュラーやマーベロン、ヤーズはそれぞれに作用に特徴があるので、自分にあったピルを選ぶのがポイントになります。トリキュラーは使い勝手がよく治療実績も豊富です。ニキビの改善も目的にするならマーベロン、辛い月経困難症の症状改善を目的にするならヤーズがおすすめです。